Sponsored Link

ベルギービールウィークエンド東京2016レポート

ベルギーと日本の交流150年を記念して行われているベルギービールウィークエンド。
名古屋から始まって、横浜、福岡、金沢、大阪、札幌、仙台と開催されて、今回、916日から25日の東京でで最後となります。

東京は六本木ヒルズのアリーナで開催されていて、2日目の917日(土)お昼に行ってきました。

12時ちょっと前に着いたのでが、すでにたくさんの人たちが飲み始めていました。

img_0534

前売りチケット一人3,100円で専用グラス(お持ち帰り)と入場料、11枚のコインでスタート。
まずは、私の大好きなレフ・ブラウンと、女房はステラを注文。おつまみはミートボールとフリッツ(いわゆるポテトプライ)を頼みました。

img_0510

おつまみ1品とビール5杯で最初のチケットは使い切りです。
普通はこれくらいでいいのですが、追加でチケット10枚(2,100円)買って、カルボナートという牛肉のビール煮込みと、ビール1杯ずつを追加しました。

img_0521

最初のチケットは入場料とグラス代が入っているので、1枚当たり300円弱で、追加チケットだと200円くらいです。ビール1杯はチケット3枚からで、量とか考えると安いわけではないけど、珍しいビールをいろいろ試せることを考えると、とても満足のいくものでした。

img_0513

img_0519

今回、会場で飲めるビールは、11タイプ76種類です。
女房と二人で7種類にチャレンジしました。

img_0531

土日祝日には、14時ころと18時ころにミュージシャンのステージもあります。

ベルギービールの飲めるお店は東京にもたくさんありますが、ボトルのビールは一杯1,000円以上はするし、こんなに手軽にたくさんのビールを試せるのはとても良かったです。
普段飲むのは日本のビールが中心でもいいけど、冷蔵庫の中に何本かベルギービールがあるというのも、結構いいかもと思います。

 

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ