Sponsored Link

バベル・シーサイド・キッチン

横浜ベイクォーターの2Fにあるバベル・シーサイド・キッチンに行ってきました。
この店は、横浜観光船シーバス乗り場の真ん前にあって、テラスで海を見ながら食事をすることもできます。
犬をつれているひとも外のテラスならOKのようです。

 

 

8月とはいえ、関東地方は雨模様の日が続いていて、この日も曇っていてそれほど暑い日ではなかったので、テラスで食事をしている人もいましたが、我々は冷房の効いてる店内を選びました。
店内では、大画面のテレビがあって甲子園の熱戦が放送されています。スポーツバーのような雰囲気もありそうです。

 

 

まずは、お店自慢のクラフトビールから、私は常陸野ネストの「XH(エキストラハイ)」を選び、女房は横浜ビールの「真夏のクリスマスエール」をチョイスしました。

 

 

XH(写真手前)は、キレのあるビールでちょっと酸味もありますが美味しいビールでした。真夏のクリスマスエールはダークビール特有の香りとコクのあるビールで、女房のイチオシです。

料理の方は、ランチメニューから、フィッシュ&チップスと3種類の肉のグリルコンボを頼みました。グリル料理がメインのお店のようで、お肉はどれも美味しかったし、フィッシュ&チップスのお魚もさっぱりとした味付けで良かったです。

 

 

さて、あとは色々なビールを楽しむだけですね。

次は、常陸野ネストのセゾン・ドゥ・ジャポンをトライ、このブリュワリーはもともとは日本酒の蔵元ということで、今ビールも米麹を使った和テーストのビールで、ほんのり柚子の香りがあって、でもキレのある美味しいビールでした。
これは、今日の私のイチオシです。

 

 

そのあと、静岡県の島国スタウト(黒ビール)を女房が頼み、私は網走の流氷ドラフト(青い色)をちょっと勇気を振り絞ってオーダーしました。

島国スタウトは、黒ビールのコクはあるもののビールのキレが少なく、私の好みではなかったかもしれません。

流氷ドラフトは、青っぽい色のビールで、見た目通りちょっとミントの香りがするような感じですが、実はキリットした飲み口で、まあまあ美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

日曜日の昼でしたが、たくさんのお客さんがビールのグリル料理を楽しんでいました。

きっと夜景もきれいなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ